Graviness Blog

算数・数学・科学・電脳・雑記・アホの順の密度で記事が構成されます。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> ブログランキング・にほんブログ村へ
 
RECOMMEND
ビッグバン宇宙論 (上)
ビッグバン宇宙論 (上) (JUGEMレビュー »)
サイモン・シン, 青木 薫
RECENT COMMENT
  • 豊臣秀吉と曾呂利新左衛門から学ぶ数列の和
    優乃 (07/12)
  • 【誰か解いて】漸化式 a_(n+1) = f(n) * a_n ^ g(n) + h(n) の一般項
    優乃 (02/18)
  • 【誰か解いて】漸化式 a_(n+1) = f(n) * a_n ^ g(n) + h(n) の一般項
    S.S.+ (02/16)
  • 豊臣秀吉と曾呂利新左衛門から学ぶ数列の和
    坂井昭 (03/19)
  • d/dx(x↑↑n): 高さが定数のテトレーションの微分 - 数学的帰納法を用いる方法
    (09/30)
  • 全ての三角形は二等辺三角形
    優乃 (09/28)
  • 全ての三角形は二等辺三角形
    亀レス (09/28)
  • 全ての三角形は二等辺三角形
    優乃 (09/24)
  • 全ての三角形は二等辺三角形
    亀レス (09/23)
  • 【未解決】新しい演算子を創る
    $_ (09/10)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
数学と私w
アトムの物理ノート」というサイトがあります.物理・数学・科学が主のブログで有名なサイトであることは,googleで私のサイト名“graviness”で検索して,3番目に表示されることからも容易に想像できます.
そんなサイトから私のブログにリンクが張られていることは非常に嬉しいです.何気にそれを助長するのは“「これで雨粒如きで死ぬことはなくなった.」であったのがチョッと笑いを誘うのだが”といった真面目でない部分に言及してくれることです.「【算数】連立方程式の解き方」も同様です.
科学系記事を書くときにユーモラスを含めることを意識し始めたのは,実は最近のことです.この手の知識を持つ人間を“不真面目”に向けたとき,どうなるんだろう.私はそうなのですが“不真面目なのだが知的”が出てきます.或いは“知的な不真面目”です.“不真面目”なことを考えるのは創造的で時間がかかるもの,とよく思います.

私が数学に興味を持ち始めたのは,忘れもしない中学時代で,次のような問題が出題されたときです.
  問題:一辺の長さがaの正方形がある.この正方形の面積を半分にする一辺の長さをaを用いて求めよ.
通常最初の式を“(a + x)2 = a2 / 2”とおくところを,私は“(a + x / 2)2 = a2 / 2”とおいて解きました.
後の計算を楽にするためだったのですが,これが褒められた.そこからです.きっかけなんてこんなものです.
当時,先生は40代後半くらいだったと思いますが,妖艶で,でも周りを明るくしてくる魅力的な先生でした.ピンポン玉を目にぶつけてごめんなさい.豊満先生.元気かなぁ.

高校では,3年間S先生という同じ数学教師だったのですが,この方がまた素晴らしい先生でした.同クラスの数学の成績が全国レベルでめきめきと上がっていったのは,この方がいたからだと思います.
覚えているのは,微積分の基本を証明をしていたときの話.何もノートを見ずにカツカツと黒板に証明を書いていきます.生徒はそれをノートに一生懸命書いていたのですが,黒板も2枚目終盤に差し掛かったとき,突然止まって,「これ間違っちょる・・・ごめん!すまん!すまん〜すまん!」「あぁあぁあぁあぁ,もうチンガラ」と.チンガラはこの方の口癖です.黒板一枚目からやり直し,これはまた次の授業に先送りされました.そのときは自分のノートに予習をしていたようですw また,確率の授業で「“3!”を何ていうと思う?」「(大きな声で)さんっ!」も面白かったです.
今でもS先生とは節目節目には連絡を取っていますが,高校時代には,自分で考えた数学の問題をぶつけたりもしました(7次方程式とかあったはず・・・あのリストはどこにいったんだろう).
大人になって,そのノリで問題をぶつけてみたのですが,返事は「今は解けない」と・・・精神的に病んでいらっしゃいました.心配ももちろんありましたが,何かそれ以外で残念に思ったのは事実です.最近の先生という職業は大変みたいです.
関係ないですが,最近でこそ,ノーベル賞をとりましたが,今や日本から投稿される科学系論文の数は,先進国中最下位です.もっと科学に注力すべきだと思います.

数学の魅力を語るつもりはありませんが,私が嵌る理由は“閃き”と“美しさ”だと思います.前者は麻薬です.以前は,一年に一回はありましたが,少なくとも前年はそういったものがありませんでした.業務が多忙だったのもありますが,年を重ねることによる発想力・思考力の低下があるかと実感しています.それでも「抵抗を含む物体の落下運動の運動方程式 (2)」の記事で,突然双曲線関数が出現したときは嬉しかったものです.貧弱で若輩ものですが,まだまだ数学の魅力からは抜け出せないのかなと思います.
コメント
from: pishaco   2008/11/11 3:33 AM
こんばんは。

珍しく覗いたんだけど、思わず懐かしい気持ちになってコメント残しちゃった♪

豊満先生もS先生も2人とも私も心に残ってる先生です。
特にS先生には色々と…お世話になりまくったなぁ〜。f(^^;
会いたい会いたいと思いつつ、私が大学決まった時にその報告に行って以来、会ってないわ。。。。
ってことは、もう7〜8年経ってる??

> 返事は「今は解けない」と・・・精神的に病んでいらっしゃいました.
自分がお世話になった分、こう聞くとなおさら会いたいです。次に帰るときには会いに行こうっ!!!

とは言っても、すっかり浦島太郎生活に入ってしまって来年明けの職場復帰すら危うい私には優乃くんみたいに数学の問題を解く力すら残ってないけどね…。
from: アトム   2008/11/11 7:41 AM
何時も記事を楽しく読ませてもらってます。あの微分方程式の問題も面白かったですが、今回の花火はこれまた非常にうまくできてますね。花火をシュミレーションすると言うアイディアはもっていなかったのですが、微分方程式の応用としては非常に面白い。やられたーという感じです。
あと私のブログが有名というのはどうかと思うけど、その理由に優野さんとこをググッたら3番目にあるからというのは、これまた爆笑。
師走まで忙しいですが、お互いに風邪など引かずにやっていきましょう!

花火のところにコメントしようと思ったけど、こちらにまとめせてもらいます。)
from: 優乃   2008/11/12 1:19 AM
>> pishaco
コメントありがとう♪
俺も就職の内定以来だからもう5年かな.先生のメールアドレスが生きてるかどうかも???
なんだけど,あいけい(懐かしいんじゃ?w)が市役所で働いてるので,住所等は分かると思う.
めちゃくちゃ喜ぶと予想^^
来年明けから仕事復帰かぁ.不安とかあるのかな?

> 数学の問題を解く力すら残ってないけどね…。
いやいや,解かなくていいよw


>> アトムさん
いきなり関係ないですがw,最近の記事の“数字遊び”ですが,これって何が綺麗な式かの気づきを得るには良い手法だと思いました.

花火のシュミレーションは,パラメータ弄りまくってます.初速10000m/s,スケール1/800,抵抗は水の中くらいのレベルですwww.重力加速度って強烈です.
スケール無視でも拘ったのは,最後の「やっと分かるくらいの少しずつ落下していく」ところですね.儚く綺麗♪

数学記事も凄くワクワクするので好きなのですが,アトムさんの記事で好きなのは,数学者ネタの笑い話です.ほんとう笑えますw あれ大好きです.
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.graviness.com/trackback/791347
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.